せっきーのわがまま旅行II

アクセスカウンタ

zoom RSS もうひとつ追加。

<<   作成日時 : 2013/06/11 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さて、前回の続きです。

チャッピーさんのイベントでも病気を患いながらも
ローラーズを通じて元気を取り戻す努力をされている方の
ご紹介があり、会場の涙を誘いましたが(ほんとに涙が
出るエピソードでした。)今回、ライブに出演するにあたり、
ギターに写真のような処置を施しました。

画像


これ、エリックのストラトのマネではなく、
喪章の代わりです。

1本は遥かアメリカに嫁いでそのあと天国に旅立ってしまったPさん
1本は名古屋の地から(私的には)いきなり旅立ってしまったAさん
そしてもう1本は我らがローラーズの、そして洋楽の楽しさを
存分に教えてくださった評論家の八木誠さん

うまく言えないのですが、ローラーズを通じて知り合った(八木さんは
一方的なアレです。。)友人たち、是非ともこの恥ずかしいワタシの演奏を
聞いてもらいたかったでので、ギターにお供してもらいました。

すごーくすごーく親友だった、とは言えませんですが、お二人ともきさくな方で
身近に感じておりました。

八木チャンも、実は少し努力すればお知り合いになれたかも
知れませんでした。

色々な思いがありますが、今こうして元気に生きて
家族にも仲間にも恵まれている状況に感謝して、
明日も頑張ってみよう、そしてまたライブで恥ずかしい思いしよう、
なんて思う今日この頃であります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつか八木さんへお線香あげに行こう。。。
セッションはセッキーが一番良かったと個人的には思ってるよ(^^
ブロディ
2013/06/11 01:05
ブロちゃん、是非一緒に行きましょう。
八木ちゃんにはローラーズだけでなく、たくさんの
素晴らしい音楽を教えてもらいました。

ライブ、次回は二人でWHOみたいなROLLERSとか
やりましょう!
せっきー
2013/06/11 23:52
ローラーズイベントの際、ダンカンについて質問させていただきましたが、ゲストの皆さんの反応がイマイチ。鈴木さんは仕方がないとしても、他のお二人はザ・ローラーズとの関わりは何かしらあったはずです。少なくともチャッピーさんは、ラジオ短波で「それゆけ、ローラーズ」から「ポップスレーダー」に改名しながらも、地味にダンカン時代のローラーズ情報を提供してくださっておりました。その番組で、ダンカンバージョンのロックンロールラウ゛レターを聴いた記憶もあります。なので、反応が少し冷たく感じてしまいました。八木さんがご存命であれば、当然今回のイベントにも参加されていたでしょうし、もう少し違った反応、優しいコメントがいただけたような気がします。八木さんは文化放送で「羽ばたけ、世界のスーパーアイドル」という番組を担当され、VOXX発売時、特集を組んで曲を流してくれたりしていました。そういった意味でも、八木さんの死は残念でなりません。ローラーズサウンドの核だったのがエリック・ウッディのコンビであって、この二人の存在なしでは、あの独特なローラーズの雰囲気は出なかったと思います。レスリーも好きですが、やはりローラーズの母体はあの二人のいるユニットであり、ダンカン加入時もそれは変わらなかったと思います。だから、ザ・ローラーズの3年間を軽く扱ってほしくないのです。ちょっと熱くなってしまいましたが、ローラーマニアの中のさらにマニアの方々はそんな思いを抱いているのではないでしょうか。
ザ・ローラーズ初来日
2013/06/12 05:48
ローラーズ初来日様、
熱いコメントありがとうございます

確かに今回のイベントではダンカン率?が
低かったと思います。

でもそれは仕方のないこと、どれかの
ローラーズのCDのライナーにも書いてあったように
”初恋の相手は決して忘れない”というのが
現在も残っているファンのみんなの拠り所なんだと
思いますよ。(注・ボ、ボクは違いますよ

ボクは後追いファンなので実感が湧きませんが
イアンがやめ、パットがやめ、レスリーがやめ、と
当時のティーンの気持ちを随分裏切ったのでしょう、
実生活でもなかなか体験できない強烈な体験を
ローラーズは残したワケで。。。

その頃の思い出を今楽しむ、というコンセプトが
今回のイベントにあったとすればダンカンはちょっと
対象から抜けてしまう存在だったのだと思いますよ。

もちろん音楽的にはザ・ローラーズも良いですが、
BCR時代のなんかこう、胸が苦しく熱くなるような
せつなさみたいなものは感じないですし、(それはレスリーやパットのソロも同じ)まったく別のバンドみたいな捉え方でも差支えないのだと思います。

いずれにしましてもいつかザ・ローラーズ好きな
人たちだけでイベントやりたいですね!

熱く語りましょう。ボクのテーマは”クイーンの連中、絶対リコシェ聴いてるよ!”で行きたいと思います(笑)

*蛇足ですが僕、バーニングラバーもトリオ時代のラビットもまだ聞いたことがありません(´;ω;`)
いつか聞きたいです〜
せっきー
2013/06/15 01:25
こんにちはI
八木誠さんとても残念ですねK
彼は凄くリスナーを大切に思ってくれている事をラジオ関西のラジオ公開放送に行って思いました。番組内の『電話でデート』でもお話をしていただいてウ
就職が決まった私に自分の身内の子に話しかけるまるで親戚のお兄さんのように喜んで話しをして下さいました
優しくて素敵な八木誠さんはきっと天国の神様が側に居て欲しく思われて少し早く旅立たのかもしれませんね


私はDUNCANの在籍していた『Tha Rollers』が好きです
彼がまた日本に来て今度は自分の曲をパフォーマンスをしてくれる事を望んでいます゚
皆さんこの9月はまたLesや Ericもライブで来日しますねワ

是非ともDUNCANも私達の力で呼びましょうID

Kira.Kira.magenta
2014/06/03 20:50
Kira.Kira.magenta様

コメントありがとうございました。
ここ1年近く新規書き込みしてません、
ネタはいろいろあるのですが(--;)

最近はご本人達も精力的に活動されてるみたいですね♪

ダンカンもビートルズじゃなくてローラーズの関連で来日してくれたらいいですネ〜♪
せっきー
2014/06/07 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうひとつ追加。 せっきーのわがまま旅行II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる